自己破産は2回、3回目もできる?

自己破産は2回、3回目もできる?

多重債務となり多額の借金を抱えている方では、自責の念にかられている人もいることでしょう。特に1度、自己破産をしている方では2回目も可能なのか気になるところでもあるようです。せっかく人生をリセットしたもの何らかの事情により借金をし、返済が困難となってしまったという方もいるようです。実際に自己破産を何度か手続きをし、免責となった人もいますので同じような悩みを抱えている人は少なくないようです。

 

自己破産してから7年が過ぎれば可能

 

免責許可が裁判所から出てから、7年間は自己破産をすることができないとしています。そして7年を過ぎれば、免責事由としなければ何度でも手続きを行うことができます。極端に言ってしまえば7年おきにおこなうことができるとして自己破産は2回、3回、何度でも可能としています。しかし借金の状況や理由によっては認められないこともあり、裁判所の見解も厳しくなることも予想されるようです。

 

同じような理由で借金の返済ができなくなってしまった場合には反省が見られないとして却下されることもあるようです。裁判所は借金の経緯においてもしっかりと審査するとして同じ過ちを許さないとしているケースもあります。

 

裁量免責で7年未満での自己破産も可能!

 

1度破産をしてしまったもの何らかの事情により多額の借金を抱えてしまった場合、経緯や理由、現在の状況など裁判官が総合的に判断することで7年経過していなくとも認められることもあります。配偶者の病気や死亡、子どもの病気により仕事ができなくなってしまったなど裁量免責で承認されることもあります。しかしそれらは致し方のない事情としており、通常は認められることは困難としています。

 

2回目の自己破産なら弁護士、司法書士へ

 

必ずしも自己破産の手続きが最善とは限りません。もしかしたら任意整理、個人再生により再生を図ることができる場合もあります。そのため自分で判断するのではなく専門家に相談して最も良い方法を提案してもらうことをおすすめします。

 

またもともと財産がない方では自己破産をしても失うものはないとしていますが、借りたお金を返すのは当然のことでもありますので安易に考えるのではなく少しでも返済する努力も必要ではないでしょうか。債権者側は信用してお金を貸したもの、特に債務が多額としていればいくらも回収できなければかなりの会社の負担が考えられます。

 

自己破産をしたら生活の見直しが必要!

 

先ほども申しましたが、貸金業者に迷惑をかけてしまったことを反省し忘れてはいけません。多額の借金を全額免責にすることでリセットし新たな生活を送ることができるとして、最終手段でもある自己破産を何度でも行うことは避けたいものです。

 

そこでなぜこの様な債務を抱えてしまったのかきちんと把握する必要があります。そのなかには連帯保証人として致し方なく借金を背負い、払いきれずに自己破産をしたという方もいることでしょう。しかし私利私欲により借金を増やしてきた人では今後の生活の見直しをして、ライフプランを立てることが大切となります。

 

現金生活となりますが、甘い誘惑に惑わされることなく闇金などに手をだすことは厳禁とします。自己破産後にその様な違法な消費者金融から借入れをすることで、家族や職場に迷惑をかけることも予想され、しばらくは債務整理を行うことができませんので手の付けようがなく借金地獄の始まりとなります。詐欺的な行為にも気を付けなければなりません。