夫婦一緒に自己破産

夫婦一緒に自己破産手続き

よくある事例として挙げられるのは夫婦で一緒に商売をしているケースで業績悪化で夫も妻も複数の消費者金融や銀行から借入をされている場合です。最終的に会社が倒産をすると夫婦一緒に自己破産相談に行くことは体験談や口コミを見ると結構多いみたいですね。

 

夫婦まとめて自己破産するのは難しいの?

 

2名分の申し立て手続きをそれぞれするのは面倒だから一緒にまとめて自己破産をしたいと法律事務所に相談に来る人もいるみたいです。

 

自己破産は夫婦一体で手続きをする債務整理ではないので、基本的には1人一人で申し立て手続きをすることになります。単純に面倒だからという理由も分からない訳ではないのですが、それぞれ免責許可が下りるように弁護士などにアドバイスをもらうようにするのが基本的になります。

 

また、借金をした理由によっては夫は自己破産できたけど、妻はできなかった・・・そのようなケースもあり得ますので、注意が必要になります。片方が却下される原因としては例えば妻がホスト狂いやパチンコなどのギャンブルで借金を作った場合などですね。実は自己破産には免責不許可事由というのが存在してそれに該当をすると申し立て手続きが認められない可能性もあるのです。

 

このようなパターンになると家庭内で片方は借金地獄が続いて、片方は借金が全額免除されて新しい生活をスタートすることになるという少々複雑な環境になることは否めないでしょう。

 

離婚をしないで夫婦としてファミリーを解消しないのであれば、仮に夫が自己破産をしても、妻の借金返済を手伝うことになるのが一般的だと思います。自分は解放されても、パートナーが多重債務・多額の借金返済に困っている時に呑気に趣味に没頭したり、お小遣いをたくさん貰ったりするのは難しいですからね。

 

両方とも免責許可が下りるのがベストだと思いますが、確率論の話をすると上記のこともあり得ますので、頭に入れておくといいでしょう。

 

夫は自己破産、妻は個人再生のケースも

 

借金問題に直面しているのであれば債務整理に強い弁護士に夫婦で相談に行くことをおすすめします。

 

両方とも自己破産で借金をチャラにしたいと考えている場合においても実は任意整理や個人再生など他の債務整理で解決することができる場合も十分にあります。例えば嫁の借入総額が20万円、旦那の借入総額が500万円の場合ですと嫁はさすがに破産する必要はないでしょう。

 

毎月の返済金額や利息・金利・債権者数など借入状況を専門家が判断して適格なアドバイスをしてくれるはずです。

 

経営者であれば1人や二人法律家の知り合いがいても不思議ではないのですが、あまり債務整理の経験がない弁護士はいかに優秀な場合でも避けた方がいいでしょう。やはり経験力豊富でノウハウを持っている借金問題専門の法律事務所が理想的ですね。これまでの実績数や実際に相談してもらった時の感想など失敗しないように選ぶことが大切になります。

 

夫婦一緒に自己破産を検討されているのであればまずは無料相談へ