自己破産に失敗はあるの?

自己破産に失敗(ミス)、できないことってあるの?

「借金返すの面倒だな~。よし、自己破産しよう!」

 

ちょっと待った!

 

自己破産って誰もが認められる申し立て手続きではありません。

 

自己破産で失敗(ミス)する例は実は複数あります。この場合の失敗って何?と疑問に思っている方もいると思いますので、シンプルに伝えると「自己破産できない」ということになります。誰でも条件なしに破産ができてしまったら、親切にお金を貸した人が損をしたり、裁判所が混雑することになりますので、実はそれほど甘いものではないのです。もちろん、条件を満たして正当な理由であれば免責は下りますが。

 

おそらく、「自己破産後に失敗したな~」という体験談・口コミをチェックするために当ページに訪れている方もいると思いますので、そちらも後ほど紹介していきたいと思います。

 

自己破産の免責不許可事由って何?

 

自己破産の申し立て手続きをすると「免責許可」又は「免責不許可」の2つの結果が出ます。

 

「免責許可」は簡単に言えば裁判所に認められm手続きに成功したと考えていいと思います。

 

逆に「免責不許可」は自己破産の失敗を意味します。裁判所に認められないで、免責を許してもらえないということは当然「借金返済義務がなくならない」ということになりますので、今後も支払いを続ける必要があります。借金地獄になるか?それに解放されるか?の重要な結果になりますので、債務者からすると非常に重要ですね。

 

この場合の免責不許可事由として考えられるのは何か?と自己破産の失敗例をいくつか挙げてみることにしました。

 

  • 財産隠匿
  • クレジットカード換金行為
  • 競馬・パチンコ等のギャンブル
  • FX取引・株式投資・先物取引
  • 詐欺・虚偽による借り入れ
  • 風俗・キャバクラ(ホスト)の遊興費による借金

 

上記に当てはまる方は「自己破産できない人」になる可能性があります。100%の確率で免責が下りないということではないのですが、免責不許可事由に当てはまるケースがあるということを頭に入れておきたいところではありますね。失敗する覚悟は多少持っておいた方がいいかもしれないですね。

 

自己破産後の失敗体験談とは?

 

実は個人の借金を全て免除してくれる債務整理手続きとしてメリットは多いのですが、その後に失敗したな~という体験談を持っている方も少数派ですが、いるみたいですね。

 

例えば警備員の仕事をしたいけど一時的に就けなくなるなどが挙げられます。職業に誇りを持っているとなおさら精神的にもストレスになりますからね。

 

また、やはり自己破産後にミスした経験のある人で多いのが借金を繰り返してしまうパターンです。ブラックリストに掲載されている状態でお金を借りるということは大手の消費者金融キャッシングや銀行カードローンは審査の部分で難しいので、闇金に手を出す人は意外と多いのです。

 

はじめて自己破産をした時より債務金額が膨れ上がった人の体験談を見ると後悔されている方が多いです。シッカリと自己破産に成功するにはその後のメンタル的な部分も非常に重要になりますので、覚えておきたいですね。