過払い金返還請求の流れ

過払い金返還請求の流れ・手順

消費者金融やカード会社からの借入れにより、払い過ぎた利息を取り戻すことを過払い金返還請求といいます。利息制限法が改正された2010年以前に借金をした方が対象となりますが、今だ返済をしている方も過払い金が発生している可能性もあります。

 

また時効が迫ってきてはいるものまだ取り戻すことができる人も存在しているようです。そこで法律でも認められている過払い金返還請求について、まとめてみましたので心当たりのある方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

まだ間に合う?過払い金返還

 

過払い金請求の期限は借金を完済してから10年としています。それを過ぎてしまえば請求権は時効となり取り戻すことはできません。しかし一度完済したもの短い期間内に借入れをした場合には、再度借金をした分の最後の完済日となることもあります。

 

そして期限がまじかに迫っているという方では、請求を先伸ばしさせることができる方法があります。過払い金の返還請求を行うという意思を業者に催告することで、時効の進行を半年間停止されることができます。

 

その間に裁判所へ過払い金の返還を請求する提起すれば、時効が中断し取り戻すことができます。

 

※催告は内容証明郵便で送ることで、業者から送られてきていないなどの問題を回避することができます。

 

過払い金請求の手続き・流れを知りたい!

 

  1. 請求する金融業者へ「取引履歴」を電話か開示請求の申し込みをする
  2.  

  3. 履歴によって利息制限法に従い引き直し計算をする(わからない場合にはインターネットでの無料ソフトなどを利用する)
  4.  

  5. 過払いが発生していたら貸金業者に電話、FAX、郵便で請求する
  6.  

  7. 貸金業者と電話または直接会って話し合う
  8.  

  9. 提示した過払い金返還の金額に合意してくれれば返還となる
  10.  

  11. 合意を得ることができなかったり、和解に至らない場合には控訴か諦める
  12.  

  13. 必要書類を裁判所へ提出し、貸金業者との和解へと進める
  14.  

  15. 和解に応じたり、勝訴することで過払い金返還が認められる

 

過払い金で得する人、損する人とは?

 

2006年の3000億円弱の返還金を始めピークの2009年には、6000億円、2014年には約2700億円とした過払い金の返還がありました。そこで中小消費者金融や大手では武富士では莫大な請求により倒産に追い込まれてしまったところもあります。そのため払い過ぎた利息を取り戻すことができないとして損となる人もいます。

 

しかしアコムやプロミス、レイクでは十分な資金面としていますので、以前借入れをした方では検討することで過払い金が発生していることも考えられ80%~100%の返還率として取り戻すことができます。そして大手でもあるアイフルにおいては50%としており、貸金業者によって返還率が様々となっています。

 

しかし取り戻せる立場である人も気づかずに時効となる人も多くいるようです。そこで特に現在借金を抱えている方では過払い金で返済することもでき、実際に完済することができたという人もいますのでまずは専門家に無料相談をすることで診断することをおすすめします。

 

またインターネットでの街角法律相談所で過払い金診断のシュミレーションは、多くの人が利用していますので一度試しにやってみてはいかがでしょうか。時効がまじかとなっていますので、積極的に行動することで損をすることなく返還も期待できるようです。

過払い金返還請求関連ページ

任意整理
個人再生
民事再生
特定調停
任意売却