個人再生流れ

個人再生の流れ・手順

様々な理由で借金がかさみ、返済が困難としている人は近年においても多く存在しています。そこでその様な方々の救済方法として債務整理があり、その中でも個人再生によって多くの人が再生の道を歩むことができるとしています。ここでは個人再生についてまとめてみましたので、現在借金問題で悩んでいる方は今後の解決の道しるべとして参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

個人再生とは?

 

多重債務や多額な借金の返済が支払い不能に陥る状態としている場合、再生を図るための法的手段としています。小規模個人再生と給与所得者等再生と住宅資金貸付債権の特則の3つのケースがあります。そこでほとんどの方は小規模再生を行なうとしています。

 

自宅や車、財産を失うことなく借金整理をすることができます。住宅ローンを除いた負債額の5分の1が最高で免責されるとしてかなりの減額が期待できます。また無理のないように返済計画を立て、実行していくことで3~5年を目安に完済することができます。

 

  1. 小規模個人再生
  2.  

    5,000万以下であれば農家や個人でのお店でも一定の収入があれば認められます。しかし債権者側の半数の承認を得ることが条件としています。

     

  3. 給与所得等個人再生
  4.  

    本人の払える金額をもとに返済金額が決定されますので小規模よりも多く支払うことになります。しかしこちらの方法では債権者の承認を得る必要はありませんので、小規模で反対が多い場合には給与所得による方法に切り替えることができます。

 

自宅を所有している場合には住宅資金貸付債権の特則を一緒に申請することで住宅ローンの返済の猶予,延長が認められます。ローンが滞ってしまうとマイホームは抵当に入れられ競売にかけられてしまいますので、それらを防ぐための方法でもあります。

 

個人再生で失敗することもある?

 

  • 債権者の過半数の賛成を得ることができない
  •  

    少額個人再生の場合では債権者の半数の承認を得る必要があります。債務者の収入や財産があるにも関わらず、大幅な減額を要求することで認められないこともあります。また返済能力があるのに期間の引き伸ばしをすることでも反対する業者もいます。自身で計画案をだすよりも弁護士、司法書士に依頼して案を出してもらうことをおすすめします。承認を得ることができなければ他の方法を考えなくてはいけなくなります。

     

  • 返済を延滞してしまった
  •  

    個人再生では借金の返済を1日でも無断で延滞すると、貸金業者が裁判所に申し立てを行い取り下げをすることができます。そうなると債務はもとに戻り、場合によっては一括での返済を請求されることもあります。そのため期日をしっかり守り、確実に返済していくことを心がけなければなりません。

     

  • 収入はあるもの返済能力に不安がある場合
  •  

    一定の収入はあるもの今後返済していくにあたって、支払い能力が不足している場合には裁判所において却下されることもあります。

     

  • 負債額が5,000万以上ある
  •  

    単純な計算ミスにより負債額が5,000万以上としていた場合には却下されてしまいます。要件が住宅ローン、税金以外の借金が5,000万以下としていますので、それ以上の借金がある場合には違う方法を検討する必要があります。

 

個人再生の手続きは難しいとされ、かなりの知識を要するとしています。そのため個人で行うよりも経験豊富な弁護士、司法書士などに依頼することをおすすめします。そうすることで早くに借金問題を解決することができ、新たな生活を送ることが期待できるとしています。