任意整理の流れ

任意整理流れ・手順一覧

ここでは借金の返済が困難としている場合、法的手段である債務整理の任意整理についてまとめています。そこで現在、多重債務としている人や借金問題で頭を抱えている方など今後の再生の道への道しるべとして参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

お金を借りたなら返済するのが義務としていますが、何らかの事情により返済ができなくなってしまった方では精神的にも辛い日々を過ごされているのではないでしょうか。そのまま放置するのではなく、早急に対処することで早くに問題を解決することが期待できます。

 

任意整理とは?

 

経済的に苦しく支払い不能状態に陥る可能性がある場合のときに手続きします。裁判所を通すことなく債務整理のなかでも簡単な手続きとして、最も多く行われている方法となっています。利息制限法による引き直し計算、将来の利息カット、分割での支払いなど債権者と債務者(代理人)との話合いで債務を減額し計画的に返済していきます。

 

3年を目安とし場合によっては3~5年で完済すれば借金生活から抜けだすことができます。そして債権者を選択して整理することもできることもメリットとして、それは債務整理のなかでは唯一の方法でもあります。

 

ギャンブルでも任意整理はできる?

 

パチンコ、パチスロ、競馬、競輪、競艇などにより、その穴埋めとして借金をする人も多く存在しています。特に消費者金融のカードローンでは収入があれば主婦でも借入れすることができます。またパートやアルバイト、派遣社員においても即日融資が可能としているところがあり、働いていれば誰もがお金を引き出すことができます。

 

そのため見境なくお金を借りることによって、返済のための借入れを繰り返し自転車操業のような状況とし、ついには借金を返すことができなくなってしまう人も珍しくないようです。そこで債務整理をするにあたって、任意整理には免責事由はありませんので、どんな理由の借金であっても手続きを行うことができるとしてギャンブル、游興費であっても認められます。

 

専門家に依頼するべき?

 

個人での手続きを行うことも可能としていますが、専門の知識も必要とし書類作成や債権者との交渉などがありますので時間、体力も必要となります。特に平日勤務している方では休暇を取らなければならず仕事に集中することが難しくなることも予想されます。

 

また債権者との交渉では返済できない後ろめたさもあり、思うように交渉が進まないこともあります。そのため和解に至るまでにかなりの期間を要したり、別の方法を考えなくてはいけない場合もでてきます。法律の専門家である弁護士、司法書士で経験豊富としているところであれば、早くの和解に至り、過払い金請求にも積極的に取り組んでくれることが期待できるとしています。

 

1日も早くに借金問題を解決したいのであれば、費用はかかりますが専門家に依頼するのが妥当でもあります。

 

任意整理の注意点

 

借金が減額となり場合によっては過払い金がありそれによって、債務を少なくしたり、完済することも期待できるとしています。メリットがあるもの任意整理にはデメリットがあるのもきちんと理解しておきたいものです。手続きを行うことで約5年ほどは信用情報機関に事故として記載されてしまいますので、削除されるまでは金融機関からの借入れはできなくなります。また新規のマイホーム購入や車のローンなどもできません。

 

そのため現金生活となりますので、今までのように必要なときにカードでお金を借りることはできませんので生活の見直しをしなければなりません。きちんと毎月のライフプランを立てることによって返済を完済することができるとしています。

 

また任意整理後に同じように手続きをすることは可能としていますが、交渉に応じず和解が難しくなることが予想され結局のところ自己破産をしなければいけなくなることも考えられるようです。そのため2度と多重債務に陥ることのない生活をすることが大切となります。